高卒ニートがホワイト企業に就職するならこの就職支援サービスを使え!!

高卒ニートがホワイト企業に就職するならこの就職支援サービスを使え!!

職歴無しだけどホワイト企業に就職したい…

 

職歴無し25歳高卒ニートで就職を考える人の中には「ホワイト企業に就職したい!!」と考える人が多くいます。

 

…と言うか、言葉にして「ホワイト企業に就職したい!!」とは言わないものの就職を考える人は誰もが多かれ少なかれ「ホワイト企業に就職したい」と思っていると思います。

 

そこで、ここでは職歴無し25歳高卒ニートのあなたがホワイト企業に就職するのに役立つ就職支援サービスを紹介したいと思います。

 

ホワイト企業に就職を考えるなら就職支援サービスはここをチェック!!

 

さて、それでは職歴無し25歳高卒ニートのあなたがホワイト企業に就職するのに役立つ就職支援サービスを…とその前に!!

 

まずは、ホワイト企業への就職を実現したいのならば就職支援サービスを選ぶ時に一体どういう所をチェックすべきか?ということをお話ししておきます。

 

なぜなら、根も葉もないネット上の噂話やホームページの見た目だけを根拠に「ここならホワイト企業に就職できそう♪」と勝手に考えて就職支援サービスを選び、失敗するケースが多いからです。

 

※「理屈なんかどうでもいいからホワイト企業への就職に役立つ就職支援サービスを教えてくれヽ(`Д´)ノ」と言う人は、ここは読まずに一気に下にスクロールして下さい^^;。

 

では、職歴無し25歳高卒ニートのあなたがホワイト企業への就職を真剣に考えたのならば就職支援サービスの何に注目すべきか?

 

それは「定着率」であり、「離職率」です。

 

つまり、その就職支援サービスを利用した上で就職後1年でどのくらいの人が会社に残り、就職後1年でどのくらいの人が会社を辞めたのか?を表す数字です。

 

ホワイト企業に就職したのならば当然辞める人は少ないので定着率は高く離職率は低くなります。

 

一方、ブラック企業へ就職していれば当然辞める人は多く定着率は低く、離職率は高くなります。

 

一般的に新卒として就職した人の定着率は88%前後、離職率は12%前後と言われています。

 

ですから、ホワイト企業への就職という点を考えたのならば、定着率がこれ以上の就職支援サービス、あるいは離職率がこれ以下の就職支援サービスを選ぶことが大切です。

 

ちなみに、定着率や離職率を公表している就職支援サービスはあまり多くありません。

 

それというのも、就職を成功させることよりも就職先で長く勤務してもらうことの方が遥かに難しいからです。

 

※また、ここで紹介する定着率や離職率は変化するものであり、あなたがこの記事を閲覧している時点では変化している可能性もある点については御理解の上御覧くださいm(_ _)m。

 

ジェイック(定着率94.3%、離職率5.7%)

 

 

職歴なし25歳高卒ニートのあなたがホワイト企業への就職を考えたのならば、利用を検討する価値が高いのがジェイックです。

 

それというのもジェイックは就職後の定着率が非常に高いからです。

 

では、何故ジェイックがこれほどまでに定着率が高く、離職率が低いのか?と言うと2つのポイントがあります。

 

1つ目は「紹介求人の厳選」であり、もう1つが「就職前・就職後のサポート体制の徹底」です。

 

まず、ジェイックの定着率が高い理由は紹介求人を厳選しているからです。

 

ジェイックは就職先についてしっかりと確認し、その職場の労働環境や人間関係、教育体制などを確認した上で「フリーターやニートからでも長く働くことができる職場」に絞って紹介します。

 

…と、ここまでだと他の就職支援サービスとそれほど大きく違わないのですが、ジェイックが他と違うのはしっかりと職場の状況を把握できる“中小企業”がほとんどだという点です。

 

一般にニートからの就職と言った時、「大企業へ就職したい!!」と言う人は少なくありません。

 

しかし、就職支援サービスを利用して本当にいい会社を選ぼうと思ったら中小企業を選んだ方が間違いがありません。

 

なぜなら、大企業というのは沢山の部署があり、沢山の人が叩いているため、就職支援サービス側でも状況を把握し切ることができないからです。

 

ホワイト企業として知られている大企業の中には営業はホワイトだけれど事務はブラックなんて所がありますし、営業1課はホワイトだけど、営業2課は超絶ブラック…なんて所もあります。

 

大企業となると経営者や人事担当者ですら企業内部の全てを把握している事はほとんどなく、ましてや外部の就職支援サービスが職場の具体的な状況を把握することは不可能です。

 

それ故に大企業に就職できたもののすぐに会社を辞めてしまう人は意外と多いのが現実です。

 

一方、中小企業の場合、企業規模が大きくないだけあって職場の労働環境から人間関係に至るまで詳しく調べることができるのがポイントです。

 

ジェイックは中小企業を紹介求人の中心にすることで、例えニートであっても就職後長く働きやすい職場を紹介する事ができるのであり、高い定着率を誇っています。

 

また、ジェイックのもう一つの特徴は「就職前・就職後の手厚いサポート大切」です。

 

通常ニートからの就職支援サービスの多くは「就職活動」には力を入れますが、「就職後」のことまでは面倒を見てくれません。

 

それ故に、就職はできたものの就職後に問題を抱えて就職先を辞めてしまうニートが多いのも事実です。

 

しかし、その点ジェイックは就職前から「就職後」までをしっかりと見据えた就職サポートをしてくれます。

 

まず、ニートから就職した時、必要最低限のビジネスマナーや電話対応など仕事の基礎的な事を押さえておかないと困ることが多いものですが、こうしたことにも困らないよう無料の就職支援講座で仕事の基礎を身に着けることができるようになっています。

 

そして、仕事の基礎とも言えるものを身に着けて就職することができるので、就職後もスムーズに職場に馴染みやすい状態を実現することに役立ちます。

 

(仕事の基礎的なことを知らないと「何でこんなことも知らないんだよヽ(`Д´)ノプンプン」ということで揉めて問題になることもありますからね^^;)

 

また、例えどんなにホワイト企業に就職したとしても、ニートから正社員に就職して働くからには何かしら就職先でギャップ、あるいは壁となる問題が出てくるのも確かです。

 

しかし、そうした点に対してもジェイックはしっかりと対応してくれます。

 

定期的に電話フォローをしてくれることもあり職場での困ったことを相談しやすい体制が取られていますし、就職先でも活躍できるよう複数回に渡る研修を就職後にも開いてくれたりします。

 

だからこそ、ニートから就職した場合であっても一人で悩み続け手辞めてしまうような心配もなく、非常に高い定着率に結びついています。

 

⇒ジェイックの求人情報を確認する

 

ウズキャリ既卒(定着率93%超、離職率7%弱)

 

 

ニートの就職支援を行っている就職支援サービスの中でも定着率が93%超と言うことで非常に高い定着率を誇るのがウズキャリ既卒です。

 

ウズキャリ既卒は離職率・労働時間・社会保険の有無・雇用形態など様々な点で厳しい基準を設け、その基準に合格した企業だけを紹介する事を特徴としています。

 

そして、それゆえに「ブラック企業を除外」ということを強く主張しているのがウズキャリ既卒最大の特徴です。

 

一度就職したものの就職先に馴染めなかったとして新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまった、いわゆる第二新卒との面談も5000回を超えており、独自のブラック企業データベースとも言えるものを保有しています。

 

特に自分自身が今選考を受けている企業に関してもブラック企業かどうかを判定することができることもあり、他社サービスと並行してセカンドオピニオン的な位置づけでとしてウズキャリ既卒を利用する人もいます。

 

比較的幅広い職種を扱っていますが、特にITエンジニア関連への就職に力を入れていることもあり、インフラエンジニアへの就職に関しては定着率95%以上と非常に高い定着率を誇ります。

 

インフラエンジニアへの就職は研修を行った上で就職支援をしてくれることもあり、定着率も若干高めです。

 

相談役となる担当者全員が元既卒・元第二新卒ということもあり、ニートの気持ちを理解してもらいやすい環境にあるのもポイントです。

 

ただし、ウズキャリ既卒の拠点は東京新宿のみなので、地方で就職を考える場合には注意して下さい。

 

⇒ウズキャリ既卒の求人情報を確認する